2007年02月08日

時代とは人間の偉大な芸術である

大きな言葉ですね。
しかしこれは結婚などの日常生活やビジネスの世界とも
なんら変わりない、当たり前の定義なのです。

僕の歴史の先生は言いました。
「歴史とはなんですか?」
答えは「人が出来事を選び、文書に書き記したもの」です。
なんのことだ?と思われる方もいらっしゃるでしょうが
こう考えてみてください。
歴史を作った人は誰?−答えは「歴史を書いた人」なんです。
ナポレオンの業績だって当時の歴史家や文学者達が
そのノートに彼のことを書き記さなければ
この世に「ナポレオン」という歴史上の人物は生まれなかったのです。

そう考えれば「時代」も同じ。
時代とは歴史の流れではなく、私達の作り出す「記録」なんです。
その意味でナポレオンは「芸術」と言ったのでしょう。

ただ「芸術」という呼び方まではいかなくとも
われわれ個人も人それぞれの「時代」を持っています。
それを懐かしんだり、未来への糧にしたり
色々使い道はあるものなんですよ。

ですから日常生活やビジネスでも「書き記す」ということが大事。いつしかそれが個人のような小さな空間の中であれ、
「時代」であり「歴史」になるのです。

1日1言-名言・格言(英語/日本語)
posted by チューター室のナポレオン at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ナポレオン・ボナパルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

秘訣?秘訣などない。私がその秘訣だ。

自信家で知られたナポレオン、
その言葉の数々を「ほら吹き」なんて言う人もいらっしゃるかもしれませんが、
ポジティブな人はよりポジティブに、ネガティブな人は少しでもポジティブに
そんな気持ちにさせてくれるのがナポレオンの言葉です。
また、自信をもたらしてくれる彼の言葉は
結婚借金の悩みなどから
ビジネスなど社会の中でも役に立つことは多いです。

この言葉はナポレオンの名言の中でも
一番心に残った一言です。

自分が上手くいっているときには
他人にその秘訣を聞かれても自身ではわからないもの。

自分が上手くいかず、弱く、ネガティブになっているとき、
そんな時に人間は無理に秘訣や役に立ちそうな情報を探そうとします。
しかし他人が上手くいく方法で自分も上手くいくとは限らないのです。
ネガティブな人にとって、彼のような性格になるのは難しいです。
しかし彼の言葉を頭に置くことによって
その失敗から、もしくは危険に
踏み出す1歩が大きく、そして早いものになると信じています。

1日1言-名言・格言(英語/日本語)
posted by チューター室のナポレオン at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ナポレオン・ボナパルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。