2007年02月08日

時代とは人間の偉大な芸術である

大きな言葉ですね。
しかしこれは結婚などの日常生活やビジネスの世界とも
なんら変わりない、当たり前の定義なのです。

僕の歴史の先生は言いました。
「歴史とはなんですか?」
答えは「人が出来事を選び、文書に書き記したもの」です。
なんのことだ?と思われる方もいらっしゃるでしょうが
こう考えてみてください。
歴史を作った人は誰?−答えは「歴史を書いた人」なんです。
ナポレオンの業績だって当時の歴史家や文学者達が
そのノートに彼のことを書き記さなければ
この世に「ナポレオン」という歴史上の人物は生まれなかったのです。

そう考えれば「時代」も同じ。
時代とは歴史の流れではなく、私達の作り出す「記録」なんです。
その意味でナポレオンは「芸術」と言ったのでしょう。

ただ「芸術」という呼び方まではいかなくとも
われわれ個人も人それぞれの「時代」を持っています。
それを懐かしんだり、未来への糧にしたり
色々使い道はあるものなんですよ。

ですから日常生活やビジネスでも「書き記す」ということが大事。いつしかそれが個人のような小さな空間の中であれ、
「時代」であり「歴史」になるのです。

1日1言-名言・格言(英語/日本語)
posted by チューター室のナポレオン at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ナポレオン・ボナパルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33454018

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。